2007年03月02日

サリー 初めてのかぶりもの

サリーはこれまでかぶりものを拒否してきました。
しかし!遂にその信念を曲げざるを得ない日がやってきました。
拒否できないかぶりもの、それは、エリザベスカラー…。
厳密にはかぶりものとは言えませんが、サリーの忍耐に免じてお許し下さい。


画像をクリックすると拡大表示されます。
sally07022701s.jpg     sally07022702.jpg    sally07022705.jpg
携帯で撮りました。カラーサイズは堂々のL。
首の太さと顔の大きさの補正にはガムテープがオサレです。


070301sally1.jpg
久々のムービーです。Quick Time 7(左側の無償プレーヤー版、情報提供のところの三つあるチェックマーク全部外し、その下のemailアドレスも書かなくて大丈夫です)でご覧下さい。(Quick Time 6では見られません)。プリプリ揺れるカラーとお尻のハーモニー♪

070301sally.jpg
嗅ぎたい対象全てにカラーが擦った大音響で拒絶されるサリー。この郵便ボックスには特に嫌われたようです。

こんなはめになったのは、2/26に左目の白内障で入院・手術した為です。
上の写真、動画は手術の翌日と翌々日、面会に行った時のものです。
経過が良かったので、3/1にカラーは装着の必要なしとお墨付きを頂いて退院しました。

犬の白内障も人間と同じで、5歳以上の中高齢になってかかる、糖尿性・老年性のことが多いようです。
発症の原因はまだわかっていません。
治療は点眼薬が主ですが、失明を防ぐ手段は手術しかないそうです。

フレンチブルドッグに特に多いとか、

遺伝性疾患だということはありません
のでどうぞご安心下さい。

IMG_9823s.jpg   IMGP5260.sjpg.jpg
日光の下では左の写真のような状態で殆どわかりませんが、蛍光灯・白熱灯・カメラのフラッシュなど、瞳に直接光が入ると右の写真のようにはっきりとわかります。(写真右撮影・かぶだよしさん) 


昨年12月20日、左目の変化に気が付きました。
サリーの場合、診断は若年性白内障で、進行が早く、遠からず失明するとの説明を受け、年齢を考慮して手術を勧められました。

犬はあまり視力に頼っていないとはいえ、完全に光を失うのは不便だろうと手術に踏み切りました。
手術をしたから完治というわけではありませんが、今後も気長に付き合っていこうと思っています。

サリーが通っているのは眼科で定評のある、東京・入谷の安部動物病院です。
白内障に限らず目の病気の詳しいことはこちらへどうぞ。

ニックネーム sally at 22:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったですね〜!
娑婆の空気を吸って生き生きしている〜♪(笑)
あの日、フラッシュは目に悪いんだと、気づくまでの1枚がブログアップのお役に立ててよかったです!
今は、安静にして徐々に活発化して行ってね〜。
エリザベスカラーがガンガン当たって、ビクっとしているサリーちゃんが可愛いです♪
入谷の安部動物病院、メモしておきます。サリーちゃん、やっぱりパパとママの側が一番ですよね〜♪
Posted by かぶだよし at 2007年03月04日 06:35
かぶだよしさん、コメントありがとうございます!
自分で撮った写真使えよ、って感じですが、なかったんですよ〜(爆)
ほんとに貴重な一枚でした、ありがとうございました〜!

安静にさせるの、ほんっっっっとに骨が折れます…。
でも、アイコンタクトする度に元のエメラルドグリーンの
澄んだ瞳に戻っているのを確かめて、感涙にむせんでおります。
これで、右目が無事に過ぎてくれれば言うことナシです。
Posted by sally at 2007年03月04日 20:33
手術無事終わったんですね。良かったです。
ここの所フレブルの目の病気の話をよく目にします。
やはり目の病気にはなりやすいのですね。
回復できるよう祈ってます。
被り物嫌いじゃエリザベスカラーも身動きも取りずらくなるし、かなりサリーちゃんも奮闘したのではないですか?
うちも見てて不便そうで可愛そうだったので、その日のうちに外してしまいました。
Posted by mocoママ at 2007年03月06日 11:41
ご無沙汰している間にサリーちゃん手術していたんですね。
白内障、フレンチに多いんですか?
写真は同じ時期のものですか?
右と左じゃ全然違う。驚きです。
若年性の場合は進行も早いんですね。
年取ってからだけじゃないんだぁ。
サリーちゃん、お大事に。
Posted by リン&ナッツママ at 2007年03月06日 15:43
こんにちは!
サリーちゃん、頑張ったんですね!
カラーも早く取れてよかったです。
ワンコの病気もホントに色々ありますね。
私も色々勉強しておかないといけないなと思います。
そろそろ、関節に良いサプリをと考えています。
良い病院を教えていただいているのは、
とっても心強いです。
Posted by なおっぺ at 2007年03月06日 19:16
mocoママさん、コメントありがとうございます!
ドライアイで来院しているコが多くて、目が出て大きい
というのは愛くるしさと引き替えに、ものすごいリスクを
背負わせてるんだなぁと思います。…。

既製のカラーは長吻種向きですよねぇ。
いろいろと探して、動きに合わせて曲がったり
折れたりする柔らかい素材のをみつけたんですが
それでは目をこすることを防げないので自作しようと
思ってました。
でも、退院が予定より早くて間に合いませんでした(笑)
Posted by sally at 2007年03月06日 23:12
リン&ナッツママさん、コメントありがとうございます!
ご無沙汰してしまってごめんなさい。
そうなんです、こういうことになってました。

フレブルに白内障が多いってことはないですし、若年性でも
必ず進行が早いというわけではなく、個々の性質によるそうです。
それに若年性というのは珍しいと言われましたのでご安心下さい。

写真は両方とも1月末のもので、双方の間は5日間ぐらいです。
12月に発見した時は、右側の写真よりも濁りは小さく薄かったです。
発見してから1週間ぐらいで写真のようになってしまいました。
ピンポン玉大がソフトボール大になっちゃった感じでした。
Posted by sally at 2007年03月06日 23:13
なおっぺさん、コメントありがとうございます!
ほんとに、人間と同じ病気と犬特有の病気とで心配も
キリがないですよね〜。
サリーの目も手術で以前のように見えるようになりましたが
今後は合併症の心配と、右目の発症の心配があります。

病気はしないに超したことはないですが、それも込みで
迎えたんですもんね♪
生き物と一緒にいるんだなぁ実感させられて
愛おしさが益々深まります。
Posted by sally at 2007年03月06日 23:15
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/738239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック